〜素材プロセス工学研究室〜紹介

私達の回りにはたくさんの種類の素材が使われています。 どれも素材の持っている特性が活かされて製品となっています。 安定して品質の高い素材が供給されなかったら、質の高い工業製品はつくれません。 高品質で低価格の素材がものづくりの重要な基盤となっています。

当研究室では、金属材料を中心とする素材を資源から効率よく製造する方法を研究・開発しています。 資源としては、天然の鉱石だけではなく、人工資源(使用済みのさまざまな物質)も対象にしています。 近年では、特に素材のリサイクルが大切になっています。 これは、以下に挙げる問題などがあるからです。

  1. 日本は天然資源に乏しく、世界的にみても天然資源が枯渇しつつあること、
  2. 天然資源から素材を製造する場合には、化石燃料を大量に使い二酸化炭素を発生したり、 目的とする素材だけでなく重金属や硫黄などが同時に生成されるのでこれらを適切に処理する必要があること、
  3. 使用済みの物質を廃棄しておく場所が不足していること。

こうした地球的規模から見た新しい課題にたいして、天然資源の節約、環境負荷の低減、廃棄物の低減を目的として、 素材のリサイクルの方法についての研究を行っています。

一般に、資源は様々な元素が物理的、化学的に混ざっています。人工資源は天然資源と全く異なった元素の組合せと混ざり具合になっていますので、従来の素材製造方法をそのまま使うことができません。新しい資源には新しい素材のリサイクル方法が必要です。マテリアル(材料)のもつ物理的および化学的な性質を十分に理解し、その性質を巧みに利用してリサイクル方法の開発に取り組んでいます。原料となる資源の状態をミクロ的、マクロ的に調べ、装置を考案、作成し、実験を実施して、得られた素材の品質を調べていきます。コンピュータによるシミュレーションも行い、効率が高くかつ製品の品質が高くなる最適な条件を探索しています。

ものづくりの基盤を支え循環型社会の構築に貢献できるよう研究室一丸となって頑張っています。


〒804-8550 北九州市戸畑区仙水町1-1
九州工業大学 工学部 物質工学科
マテリアル創成加工学コース
素材プロセス工学研究室

Last modified: Mon Feb 25 08:43:57 JST 2008